読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる記

日々の素朴で見落としがちなナゼを地道に拾うための手記。気まぐれ、そして節操がない。

調味料と男子

塩顔男子、塩顔ブーム、って気付いたら当たり前のように世間で言われているけど、
そもそも発端となった人や作品でもあるのかしら。

いや、まず塩顔ってどういう顔を指すんだろう。

 


なんでもNAVERまとめに頼るのは正直どうかと思う。
https://matome.naver.jp/m/odai/2140059393828216501
「塩顔の特徴と代表的な芸能人(要約)」

 

いきなり綾野剛星野源を挙げているあたり、まとめ作成者とわたしの好みがドンピシャであることがよくわかります。

 
まず大まかな条件としては、
・一重や奥二重のスッキリしたシャープな(?)目元
・色白、色素薄め

があるようです。

 

しかし個人的に福士蒼汰水嶋ヒロは塩顔ではないだろ…と思うんだけど。どうなんだろう。

まあまあ濃くない?目元。
個人的にはしょうゆ。

ちなみに、わたしが一番敬愛している星野源さんは目を閉じるとあれっとなるぐらい目元が薄い。

ので、正直源さんと比べたら誰でもしょうゆなんじゃないのかとすら思う。

 


エキサイトニュースに気になる記事を見つけた。
http://a.excite.co.jp/News/column_g/20160416/Sirabee_108471.html
「塩顔ブームの終焉(要約)」

 

そりゃ世の女性の好みなんて千差万別、仲の良い友人とだってぴったり好みが合うことなんてないのに、660人そこらに聞いたところで世の中の傾向なんて一概に言えないでしょ……
とは言え「濃いか薄いか」で6割が濃い派なのはちょっと意外。

 

「塩とんこつ派」とかもはや好きにジャンルを作っている女性たちもいらっしゃるようだ。
なんでも言ったもん勝ちかよ。

 


言ったもん勝ちといえば、2015年12月のココ調(フジテレビ)。
http://stg-fcs2.sp2.fujitv.co.jp/text.php?cKey=1&tKey=1534


世の男性を調味料でジャンル分けしているんだけど、下位の砂糖やらオリーブオイル(速水もこみち)やらケチャップやら、もはやフィーリングでしかない。
塩顔が本格的にブーム化したっぽい2015年からはもう1年ちょい経ってるし、新派が生まれてもおかしくないかもだけど。

 


さっきのエキサイトニュースの記事に話を戻すと、
偏見かも知れないけれど、50代や60代のマダムたちは薄いより濃い方が好きそうなイメージがある。
坂口健太郎とか見て「細っこいなあ、折れそうやわ」「わたしよりよっぽど白いなあ」とか言ってそう。 ※100%憶測です

 

こういう結果になったのは、20〜60代を対象にしたからなんじゃない…?
年代別調査結果がほしい。

 


わりと真面目な意見として、世の中の女性の好みの傾向の変化って結構重要な要素たりえるというか、
先のトレンドを予測するうえでもかなり参考になるんじゃないかとか思ってます。


塩顔ブームは、例えばアンチ没個性とか、ダイバーシティ推進みたいなトレンドと呼応しているような気がしたり。
一昔前では(世間一般的に見て)高身長でたくましくて誠実で…ってのが即ち「男らしさ」とされてたけど、今は中性的な魅力というのも受容されてきているし。

 


とかってグダグダそれっぽいことを考えたりもしますが、すべて主観に基づいているので受け流してください。

 


最後に、いち塩顔好きとして興味深いイベントを発見したのでご紹介。

https://www.google.co.jp/amp/s/machicon.jp/ivery/report/lover/1998/amp

 

東京にあるスペインバルで行われたらしい、塩顔男子を集めて「Mr.塩顔」を決めるという天国が地獄かなんとも言い難いイベント。
ここに「おれは塩だ!」ってこぞって集まってくる男性たち、

そして「どれ、そんなに自信があるなら品定めしてやろうではないか」という女性たち(違うと思う)。

なんにせよ参加者、猛者だな。